ゴルゴダの丘陵に立つ十字架の木、この木に我らは接ぎ木され、この木の根より贖罪の血潮を汲むところに霊的再生の奥義がある。

(手島郁郎『霊想の七曜経』より)