二つなき心を主(きみ)に留めおき
我さえ我にぞ別れぬるかな

(手島 郁郎)