賤が身も尊くこそと想わるる
神のみ国に生(あ)れし自覚に

(手島 郁郎)