地上の人間は轆轤(ろくろ)上の可塑性(プラスチック)な土塊(つちくれ)、人生は魂を鍛錬するための魂の学校である。死は人生の最期でない。この世は最後の世界ではない。来世のための準備の場所である。私には光の波寄せる彼岸こそ、切実に慕われてならない。

(手島郁郎『老いゆけよ、我と共に』より)