信仰は生きることである。見ゆる所、とても不可能、しかし何とかせねばならぬ、何とかしよう、とする心が湧くと、ついに状況が変化しはじめます。信仰は変化させる力です。

(手島郁郎『祈りと瞑想』より)