仙台の結城茂(ゆうき しげる)さんは2歳の時に、囲炉裏(いろり)に落ち失明。苦悩を経て幕屋の信仰に触れ、魂の開眼を得た。賛美歌作者ファニー・クロスビーは医療ミスで幼い時に失明。しかし「失明は医師の間違いかもしれないが、神様に失敗はない」と明るく生きた。その言葉に心打たれた結城さん。見えない世界を仰ぎ見て生きる幸いを証しする。

(2007年制作)