『人生の詩篇:第3連』「行動せよ 明日ごとに 今日よりは一層進んだ自分を発見するために」

A Psalm of Life 人生の詩篇<第3連> H・W・ロングフェロー

楽しみでも、悲しみでもない、
ぼくらの定められた目的と道は。
行動することだ、日々新しく
進歩しつづける自分を発見するために。

Not enjoyment, and not sorrow,
Is our destined end or way;
But to act, that each to-morrow
Find us farther than to-day.

A Psalm of Life「人生の詩篇」第3連

我々の人生の目的は、享楽や悲哀ではない。何が人生の目的であり、道であるかというならば、行動することである。それは、毎日毎日、来たる明日が今日よりは一歩前進している自分を見出すためです。一路向上の生涯を送ることが目的であり、人生の道行きであります。

何ゆえに人類はここまで進展してきたのか。それは今日よりも明日がより遠くに前進していることを見出させる、進化してやまない生命があるからです。

このことは、お互い、心に銘記する必要があります。特に若い人のハートに言い聞かせることが必要です。自分が怯(ひる)み、沈没しそうになる時、このような詩の言葉で自分を励ますか励まさぬかで、その人の歩みがすっかり違ってきます。

(手島 郁郎)



手島郁郎の講話「人生の詩篇」の第1~9連は、『生命の光』特別号 “Light of Life” に掲載されています。

前の記事

9月22日

次の記事

9月23日