エッセイ「天使の夢」

2019年クリスマス特集

絵・咲喜ちゃん(小2)

4人娘の次女・咲喜(さき)が登校前、おなかが痛いとぐずった。「こっちをむいて」のシグナルだった。

ある日、聖書のお話をした。「ヤコブさんはね、けんかして逃げ出して、ツラーイ時、石を枕にして眠ったの。そうしたら、天使がはしごを上り下りする夢を見たのよ」

それから毎日、おなかに手をおいて祈った。

ずいぶんたって、次女が突然、石を枕にして眠るヤコブさんの絵を描いた。野外のはずなのに、なぜかあったかそうな布団も……。

気がつくと、「行ってきまーす」の声が大きくなっていた。

文・加藤 芳香

前の記事

12月2日

次の記事

12月3日