天を知る心

手島郁郎は、最晩年となった1973年に一貫して語ったことは、宗教を学ぶ者にとって大切な、天の心を地上に実現すること。その年の聖会に出席した山田善之さんの体験談と、手島郁郎の聖書講話を白馬の風景と共にお届けする。

日々の祈り

前の記事

6月19日
日々の祈り

次の記事

6月21日