祈りの友を求めて

ハワイのオアフ島に住むアクステルふぢ子さんに、日本の同級生から30年ぶりに手紙と『生命の光』誌が届いた。神に祈る喜びを知ったふぢ子さんは、「神様、祈りの友を与えてください」と、近くの浜辺で毎朝祈りつづけた。5年後、一人また一人と、祈りの友がふぢ子さんの周りにやって来た。

前の記事

4月16日