ボーイズ ビー アンビシャス

明治初期、米国よりクラーク博士が札幌農学校に赴任、聖書を通し人格教育を施した。離任の際に遺した言葉、「青年よ、大志を懐け!」は、学生たちの心を燃やした。卒業後、彼らはさまざまな分野で日本の発展を担う人材として活躍した。

前の記事

10月14日

次の記事

10月15日