アメリカ幕屋の始まり

1959年、一冊の『生命の光』誌がアメリカ・バークレー市の真鍋竹次さんの許に届いた。70歳の真鍋さんは一読するや、この信仰こそ、日本のみならず、アメリカをも救うと確信。以来、自宅で原始福音の集会を開き、90歳を超えるまで続けた。それはアメリカ幕屋の礎となった。

前の記事

7月7日

次の記事

7月9日