手島郁郎と留学生

イスラエルの北部にある集団農場キブツ・へフチバ。幕屋の留学生は、ここで働きながら旧約聖書の言葉・ヘブライ語を学んでいる。手島郁郎が初めて留学生をイスラエルに送った時から2004年までの40年間に、延べ800人が聖地留学を経験した。現地で日本人留学生の生活を取材し、手島を知るキブツの人々から話を聞く。

前の記事

4月21日

次の記事

4月23日