回心の経験 その1

敗戦後、シベリアに抑留された門脇誠治さんは日本に帰国し、亡き母の信仰に倣って神学校に学びました。そして、独立伝道を始め、伝道に行き詰まった時に、手島郁郎に出会い、回心を体験。沖縄の伝道に行き、キリストだけに寄り頼んで祈りつづけた時、聖霊伝道の道が開かれました。

宗教にとって大事なことは、よき信仰の師に出会い、キリストの霊に触れ、人格が一変すること。

前の記事

1月30日

次の記事

1月31日