エッセイ「母の目」

私の母は生まれつき目に障害があって、
ものがよく見えない。 
子供のころ、そんな母を、
友達に紹介するのが恥ずかしかった……

だけど、私のうわばきはいつも真っ白。
新品のようにきれいに洗ってくれた。

ある日、窓もないのに、
母の後ろに光が射しているように見えた。
母の目の奥はいつもきらきらと光っている。
お母さんには見えないものが見えているのね。

今は、心の底から自慢できる、
「私のお母さん」

(澤田にじ子)


本記事は、月刊誌『生命の光』2020年5月号 “Light of Life” に掲載されています。

前の記事

5月8日

次の記事

5月10日