歓喜と熱情の宗教 第1回

 今日はヨハネ伝12章12節から、「イエスの都入り」の記事を読みます。

 イエス・キリストがエルサレムに入城された時、多くの人々が熱狂的に迎えました。イエスはナザレの田舎大工にしかすぎませんでした。しかし、そのような者を熱狂的に皆が歓迎したというならば、何か秘密があるのではないだろうか。これは、私たちがぜひとも心せねばならない人生の奥義です。これをものにしている者は、ただではない人生を送ります。

 その翌日、祭にきていた大ぜいの群衆は、イエスがエルサレムにこられると聞いて、しゅろの枝を手にとり、迎えに出て行った。そして叫んだ、
 「ホサナ、主の御名によってきたる者に祝福あれ、イスラエルの王に」
 イエスは、ろばの子を見つけて、その上に乗られた。それは
 「シオンの娘よ、恐れるな。見よ、あなたの王がろばの子に乗っておいでになる」
と書いてあるとおりであった。弟子たちは初めにはこのことを悟らなかったが、イエスが栄光を受けられた時に、このことがイエスについて書かれてあり、またそのとおりに、人々がイエスに対してしたのだということを、思い起した。また、イエスがラザロを墓から呼び出して、死人の中からよみがえらせたとき、イエスと一緒にいた群衆が、そのあかしをした。群衆がイエスを迎えに出たのは、イエスがこのようなしるしを行われたことを、聞いていたからである。

(ヨハネ伝12章12~18節)

一切を捧げしめる力

イエスが入城したエルサレム東側の城壁

 ここで、イエスが最後の都入りをなさいました。その時、大勢の群衆がイエスを歓呼して迎えました。ルカ伝やマルコ伝をあわせて読むと、これはただの群衆というよりも、イエスを信じている弟子たちが迎えに出た、ということがわかります。それに釣られて、大勢の群衆も一緒になって迎えたのだろうと思われます。そして、自分たちの上着を道に敷くまでして、群衆が熱狂的にイエスを迎えました。

 イエスの宗教に対して、現在のキリスト教が誤解していることの一つは、この点です。今の日本のキリスト教には、このように人々の熱情を沸かすものがありません。型どおりの礼拝、気休めのお説教を聞いて帰るしかない。イエス様のためには、何もかもかなぐり捨てて迎えるような、熱い雰囲気が生じてくることもありません。

 イエス・キリストは、たとえばガリラヤで伝道された時も、荒野の奥でさえ5000人の群衆に囲まれるくらい歓迎された。また、この都入りの前夜、ベタニヤのマリヤは価高きナルドの香油、男の1年分の給料ほどもするようなものをイエス・キリストに捧げ、油を注いで葬りの用意をしました。これはマリヤの信仰にもよるのでしょうが、一切を捧げしめるような力がキリストにあったということです。その時に、捧げる者も捧げられる者も共に喜ぶ、これがイエス・キリストの宗教であった。人々の胸に熱い火を燃やしうる宗教でした。

イエスの中に燃えていた火

 日本でいちばん高い山は富士山です。富士山はなぜ高いか。火山のマグマの力が高くしたのである。浅間山、その他を見ましても火山です。火山であるがゆえに非常に高くなった。すなわち、地球の内部から込み上げてくる熱いものが高めたのであります。

 イエス・キリストという名もない宗教家が、どうして少しの間に全世界の人の魂を焦がすようになったのでしょうか。それはイエス自身が天来の火で燃えていたからです。同様に、今も皆、燃えたがっているんです。燃えたがっている人々を燃やしさえすれば、皆が宗教で生きる喜びを感じるのです。イエスがエルサレムに入城される時、皆が熱狂的に迎えた。「これは群集心理に駆られて、ワーワーと歓迎したんだ」と注解する人もいます。しかし、考えてみてください。地位なり名誉なりがある人なら別ですが、名もないナザレの田舎大工をどうして群集心理だけで担ぐだろうか。彼自身が何か偉大なものをもたなかったなら、人は担ぎはしませんよ。そうせしめるものがあるんです。私たちもそれを得たいのです。そして、それを得る時に、私たちの人生がどんなに冷たい状況にあっても、熱く生きることができます。

 宗教はある人が考えるように、何か縮こまって、独りぼっちで静かに、神と共に生きます、というようなことではありません。私たちは、なぜここに集まって聖書を読むのか。なぜイエス・キリストの御名を呼ぶのか。聖書を通してキリストの御足跡を偲ぶたびに、お互い胸がときめくからです。胸がときめく時に、生きる希望と力と熱情を覚えるんです。それを与えてくれないならば宗教は災いです。生きる希望と熱情を与えてくれるもの、これイエス・キリストの宗教です。

魂震わせる賛歌

 ここを読んでわかりますように、もう皆が熱い感激をもって、熱情を燃やしながら、「ホサナ、主の御名によって来たる者に祝福あれ、イスラエルの王に」と歌をうたってイエスを迎えた。

 「ホサナ」とは「どうか救いたまえ」という意味ですが、本当の宗教は万人の胸を揺るがすような歌なんです。賛美歌に「昼たたえ夜うたいて なお足らぬを思う」とあるように、皆が賛え歌ってイエスを迎えた。イエス・キリストの福音は、このように万人の心に共感を呼び、リズミカルに皆の心を一斉に動かすことができた。

 イエスは、今の神学者や牧師がするような説教はしていません。マタイ伝の「山上の垂訓」を読んでも、ほとんどが詩です。ですから詩のように、歌のように、皆の胸を震わすことができるものがイエスの説かれた宗教なんです。私たちもそれに唱和して、宇宙的なリズムに合わせて歌いたいんです。そうやって歌う時に、宗教についての理屈などは吹っ飛ぶんです。

 また、「主の御名によって来たる者に」と歌っている。「来たる者」というのは、皆が長い間待ち望んだ救世主(メシア)・キリストのことです。来たるべき者が来さえすれば、時代の状況がガラッと変わる。「来たるべき者よ、来たれ」というのが、長い間のイスラエル人の祈りなんです。

 私たちもそれに出会いたいんです。来たるべき者が来てくれないから行き詰まる。来たるべき者が来さえすれば、私たちは喜ぶことができる。聖書というのは、こういう熱い期待をもった雰囲気の中で読まなければだめです。

(1964年)