11月6日

「去り逝(ゆ)く〔死んでゆく〕とも、時間の砂浜に足跡を残す」。砂浜に残した足跡は波に洗われて消えてしまうが、時間の砂浜に残す足跡は不滅である。後世の人たちを高めてゆくようなフットプリントを残した人こそ、本当に偉大な生涯なのです。

(手島郁郎『人生の詩篇』より)