9月12日

「わたしの魂はあなたにすがりつき、あなたの右の手はわたしをささえられる」(詩篇63篇8節)。「すがりつく」というヘブライ語は、膠(にかわ)でくっつけるようにも、くっついて離れず、振り切られても慕ってついてゆく意味です。ダビデの魂は、こんなにも神を慕い、すがりついていました。それで、神様も「右手で強くしっかり握って」お離しになりません。

(手島郁郎『詩篇講話』第3巻より)