6月14日

我々の人生の目的は、享楽や悲哀ではない。何が人生の目的であり、道であるか、というならば、行動することである。その行動とは、毎日毎日、来る明日が今日よりは一歩前進している自分を見いだす。これが人生である。

(手島郁郎『人生の詩篇』より)