6月2日

人生に挫折し傷つきひるむ箇所こそ、霊の接触点なのであって、その傷口からキリストの御霊の血潮がその人の魂に注ぎ込まれるのであります。人生の受難にひるんではなりません。

(手島郁郎『霊響録』より)