魂の彫刻

日展会員である彫刻家の井上久照さんは、1968年、日展に入選して以来、数々の作品を作り上げてきた。多くの人生の痛みや矛盾を通りながら、「どんな時にも神様が私のそばにいて、私自身の魂を彫刻してくださっている」と、信仰をもって作品を作り出す喜びを語る。

前の記事

9月7日

次の記事

9月9日