福音は神の力 ―インドの聖者スンダルシング―

1970年、手島郁郎はインドの霊的なキリスト教の伝道者、スンダル・シングの生家を訪ねた。若き日にスンダル・シングに大きな感化を受けた手島郁郎は、迫害をも恐れず伝道した彼の生涯を熱く語る。

前の記事

1月19日

次の記事

1月21日