あなたと一緒 よろしくね

 帯広市の平善久さんは靴下製造に従事し、妻の智恵子さんは助産師。2人はキリストの信仰をもち、結婚生活を送ってきた。善久さんはある日突然、がんの告知を受け、その4年後、24回目の結婚記念日に智恵子さんもがんの宣告を受ける。2人はこの苦境をどのように乗り越えてきたのか。