神話の里を訪ねて

霧島連山の高千穂を訪れた高齢の人々は、「幼い時から自然に神話と共に育った」と言う。宮崎県の高千穂神社宮司は語る、「古来、日本人が最も尊んだのは、力や知恵でない。美しく清いものが一切の前提で、後から法律などが現れてくる。神話は決して荒唐無稽(むけい)な妄想でなく、日本人が何を理想としていたかを示す」と。

前の記事

11月20日

次の記事

11月21日