志あるところ道あり

若き科学者・澤田義人さんは未熟児で生まれ、視力、体力も弱く、幼いころからよくいじめられた。しかし少年時代、一冊の書物と出合い、生きる力が与えられ、科学者を志すようになった。志に心燃やされて研究に取り組んでいると、やがて大きな発見をするようになった。

前の記事

11月17日

次の記事

11月19日