童話「赤ちゃんは何をにぎっているの?」【朗読音声つき】


【朗読音声付き】


「お絵かきしてあそぼう」

私の名前は、あやこ。小学1年生。

今日は仲良しの友達が、お兄ちゃん、お姉ちゃんと約束があって遊べないんだって……。

「私もきょうだいがほしいな……、一人ってつまらない……」

机の上にあったノートに、男の子と女の子の絵をかいて、ぼんやりしていた。そのとき、

「ねえ、いっしょにあそぼう!」と、だれかの声がした。

びっくりして起き上がると、どこかで見たことのある男の子と女の子がいた。

「あなたたち、だあれ?」

「ぼくは、ときおだよ」

「私は、いつこよ」

「あやこちゃん、いっしょにあそぼう!」

びっくりしたけれど、私はすぐに、

「うん!」とうなずいた。

すると、いつこちゃんが、

「とっても楽しいところにつれていってあげる! 目をつむってみて!」

言われるまま、私は目をつむった。

「今までうれしかったことや楽しかったことを、思い出してごらん」

私は、友達といっしょに公園で遊んだときのことを思い出した。

「あやこちゃん、目を開けてみて」

私は、そーっと目を開けてみた。

すると、真っ青な空の中を、私は泳いでいた。

「ひゃあーっ! 私、空を飛んでいるの!?」

下を見たらこわくなった。そのとたん、

ひゅーううう。

落ちてゆく……と思ったら、とちゅうでぴたっと浮いたまま、とまった。見ると、ときおくんと、いつこちゃんが、しっかりと私の両手を持ってくれていた。すると、ときおくんが、

「こわいと思ったら、下に落ちてしまうよ。うれしいこと、楽しいことを思うんだよ」

今度は、大好きだったおじいちゃんとおばあちゃんのことを思い出した。おじいちゃんの庭には、チューリップがたくさん咲いていた。

すると、さっきより上手に飛べる。

「空を飛ぶって、気持ちいいね」

バ ニ ラ 味

そのうち、私たちは、雲の上まで来ていた。初めて触る雲、思ったより弾力があって、トランポリンのような、ふわふわのふとんみたい。私はうれしくなって、いつこちゃんに言った。

「いつか雲の上に来たいと思っていたの!」

すると、いつこちゃんが言った。

「この雲、食べられるのよ」

「えーっ!」

いつこちゃんが、くすっと笑って、

「ほら、バニラ味よ」と言って、私の口に雲を入れた。食べてみると、わた菓子のようで、ソフトクリームのようにとろけて、シャーベットみたいにシャリシャリして……、ほんとうに、バニラの味がする!

すると、ときおくんが、

「この味が食べたいな、と思ったら、そのとおりの味が食べられるんだよ」と教えてくれた。

「わぁーい。大好きないちご味が食べたーい」

雲をちぎって食べると、ほんとうにいちごの味がして、とってもおいしい。

花 畑

「今度は向こうへ行ってみようよ」と、ときおくんが言った。

3人で歩いてゆくと、広いお花畑に着いた。

「わぁー! 虹が咲いているみたい! あっ、おじいちゃんもおばあちゃんもいる。そうか、ここは天国なのね」

「あやこちゃん!」そう言って、おばあちゃんが、私をぎゅっと、だきしめてくれた。

「おじいちゃんは、天国でも庭のお仕事?」

色とりどりに、光り輝くお花畑。そのまぶしい光の中で、おじいちゃんが子供たちに、庭仕事をいろいろ教えているよう。

一人の女の子がたくさんの花に、じょうろで水をやっていた。私は、

「ねえ、この広いお花畑を、あなた一人で育てているの?」

「ううん。たくさんの友達と育てているのよ」

そう言われてあたりを見回すと、たくさんの男の子や女の子が、花に水をやっていた。

「ここの花は、みんな神様のほうを向いているでしょう。花を育てて、神様のことが大好きになる心の種を取り出すのよ」

「たね?」

私は聞き返した。

「そうよ。私たち、雲の上から下をのぞいて、どのお母さんの子供になろうかなって見ているの。そうして、自分で決めたお母さんのところへ、この種を持ってゆくのよ……。私は、あの赤い屋根のおうちの子供になりたいの」

「ぼくは、お父さんとお母さんと2人のお姉ちゃんがいる、あのおうちがいい!」

私は意味がよくわからなくて、おじいちゃんのほうを見ると、おじいちゃんが、

「子供たちはみんな、花を育てて、できた種をにぎりしめて、地上に生まれるんだよ。それは心の種だから、地上に着いたときには見えなくなっているんだ。だけど、消えずに育ってゆく。
そして、水をやる代わりに、上を向いて天のことを思っていると、種が喜んで、ぐんぐん育ってゆく。あやこも心の種を育てて、神様が大好きな、心のやさしい子になるんだよ」

すると、ときおくんが言った、

「ぼくも、いつこちゃんも、みんなと同じように、今、花を育てているんだよ」

みんなと同じように……っていうことは、じゃあ、ときおくんも、いつこちゃんも、生まれる前の赤ちゃんなの?

「えーっ!」

私は驚いて、ひっくりかえってしまった。

「あやこちゃん、そろそろお帰り。おじいちゃんとおばあちゃんは、いつも天国から、あやこちゃんを見守っているからね」と、おばあちゃんが言った。

ふりかえって、懐かしいおうちに続く道が見えたと思ったら、ジェットコースターのように急降下、気がついたら、そこはいつもの勉強部屋だった。どのくらいたったのだろう、夕焼け雲が窓から見えた。

赤 ち ゃ ん の 手

それから1年後、私の家に念願の赤ちゃんが生まれた。なんと、男の子と女の子のふたごだ。くすっ。なんだかこの赤ちゃん、ときおくんと、いつこちゃんに似ている。

「あや、赤ちゃんの手に触ってごらん」と、お父さんが私にささやいた。言われたとおりに赤ちゃんの手に触れると、赤ちゃんが、ぎゅっと私の手を強く握ってくる。

「2人とも、お姉ちゃんってわかるのね」ってお母さんが言う。私はうれしくなって、

「私、いっぱいあそんであげるんだ!」と、はりきって答えた。お父さんが、

「赤ちゃんたちの手、何かをにぎっているみたいだな」とつぶやいた。私は、ふと思い出して言った、

「お父さん、2人とも種をにぎっているのよ」

(おわり)

文・さわだ ゆうこ
絵・ほり はつき
朗読・ちょうこ