童話「魔法のメガネ」【動画と朗読音声つき】


【朗読音声付き】


くろぶちメガネのよしおくん。このごろ、心はくもりマーク。お母さんの病気がよくならなくて、元気が出ないのです。学校でも、友達とうまくいきません。

ある日、学校からとぼとぼ家に帰っていると、おや、いつもの道に、見かけないお店があります。

「あれ、こんな店あったっけ?」

ちらっとのぞいてみると、メガネ屋さんです。

「おやおや、君、いいメガネをしているね」
「うわっ! びっくりした。おじさん、急に話しかけないでよ!」

とつぜん、目の前に白いひげのおじさんが立っていました。

「ふぉっふぉっふぉ、すまんすまん。おどろかすつもりはなかったんじゃ。この店は、たまに開けるんじゃ。今日は久しぶりじゃよ」

そのお店の名前は、「まほうのめがね屋」

なんだか、へんてこな名前です。

「君のメガネを見せてごらん。おどろかせたおわびに、おもしろい魔法をかけてあげよう」
「魔法?」

そう言って、おじさんはよしおくんのメガネを持って、お店の中に入っていきました。

しばらくすると、おじさんはピカピカになったメガネを持って出てきました。

「さあ、できた。このメガネをかけてごらん」

メガネをかけて、よしおくんはおどろきました。町の建物や木、犬や猫も、みんな悲しそうに見えるではありませんか。

「何これ?  おじさん、メガネに何したの?」
「ふぉっふぉっふぉ。そのメガネは、君の心を映しているんじゃ。君の心がくもっていれば世界は暗く見えるし、明るければ、すべてが輝いて見えるんじゃよ」

そう言っておじさんは、とつぜんおかしな顔をしました。よしおくんが思わず笑うと、

「ほら、もう一度、町を見てごらん」

とおじさんが言います。

振り返ってびっくり。さっきまで悲しそうにしていた町が楽しそうに見えます。建物も木も、みんな笑っているようです。

「どうじゃね。おもしろいじゃろう」
「うーん。なんだか、へんてこなメガネだけれど、まあいいや。ちょっと使ってみる」

そう言って、よしおくんは家に帰りました。部屋でマンガを読んで笑っていると、部屋の壁や机まで、けらけら笑っているようで、おかしくってしょうがありません。

「このメガネ、おもしろい! 久しぶりにこんなに笑った」

次の日、よしおくんは、元気よく学校に出かけていきました。

「行ってきまーす!」
「おや、よしお。今日は元気いっぱいだね」

お父さんも、いつもより喜んで送り出してくれました。学校の友達も、元気いっぱいのよしおくんを見て、うれしくなりました。

メガネから見える世界じゅうが、なんだか楽しそうです。病院にお母さんのお見舞いに行くと、いつも暗く見えるお部屋が、ぽかぽかしていて、オレンジ色に見えます。

「あら、よしお、来てくれたのね。何かいいことがあったの? 笑顔がよくなった」

よしおくんは、メガネ屋のおじさんの話や、魔法のメガネのこと、すべてのものが輝いて見えることをお母さんに話しました。ニコニコしながら聞いてくれるお母さんの顔が、天使のように見えました。

ところが、しばらくすると、お母さんの病気が悪くなってしまい、お見舞いに行っても、会わせてもらえなくなってしまったのです。病院の帰り道、町じゅうがどんより暗く見えるし、鳥や草花も泣き悲しんでいるようです。

学校に行っても、家でマンガを読んでもゲームをしても、ちっとも楽しくありません。太陽がのぼっても、世界がくもって見えます。

「こんな、へんてこなメガネをかけてるから、ダメなんだ! あのおじさんに言って、もとのメガネに戻してもらおう」

よしおくんは、急いでメガネ屋さんに行きました。お店に着くと、

「ふぉっふぉっふぉ」

と笑い声がしました。

「来たね。君がそろそろやって来るんじゃないかと思って、店を開けておいたんじゃよ」
「おじさん、このメガネをもとに戻して!」

よしおくんは、かけていたメガネをおじさんに渡しました。

「おやおや、また世界がくもって見えるんだね。よくお聞きなさい。このメガネの魔法は、とっくにきれておるんじゃ」
「ええ? そんな……」
「忘れたのかい? 大切なのは心じゃ。君の心が、世界を幸せにすることができるんじゃよ」

そう言われて、よしおくんは魔法のメガネをかけたばかりの、楽しかった時のことを思い出しました。みんながニコニコしていた日々を。

「さあ、信じるんじゃ。君の心が光りだせば、世界が輝くことを」

そう言って、おじさんは受け取ったメガネをよしおくんに返しました。お店を出る時、よしおくんの胸に、おじさんの言葉が響きました。

(君の心が、世界を幸せにすることができる)

「よし!」

外に出て、よしおくんはグッと閉じた目を、パッと大きく開いて、町を見ました。風はすがすがしく、鳥たちや木や草花も、よしおくんを応援しているようです。

次の日。

「行ってきまーす!」
「おお、今日は元気いっぱいだな、行ってらっしゃい!」

お父さんも、またニコニコ笑顔になりました。学校のみんなも、教室も明るく見えます。お母さんには会えないけれど、よしおくんの心は負けませんでした。

長い時間がたちました。よしおくんのお母さんはすっかりよくなって、退院することができました。よしおくんは、うれしくってうれしくってしかたがありません。お父さんもお母さんも、家じゅうが輝いて見えます。

「よしおは、お母さんがいない間も、よくがんばったもんな。お父さんも、よしおから元気をもらったんだよ」
「お母さんもよ。ありがとう」

お父さんとお母さんからほめられて、よしおくんは照れくさそうに言いました。

「ぼくじゃないよ、ぼくの心が世界を幸せにしたんだよ」

(おしまい)

文・いとう すみお
絵・ほり はつき