10月1日

人間が万物の霊長であるゆえんは、魂が目覚めて神を知るからであります。神を知らぬ魂は、眠りこけている! そういう連中が「人生は虚(むな)しい悪夢にしかすぎない」と言ったにしても、私たちは彼らの思想や意見は聞きたくない。虚無的な思想は語ってほしくない。

(手島郁郎『人生の詩篇』より)