6月10日

「神は上りたもうた、喜び叫ぶ声とともに」(詩篇47篇5節 直訳)。卑しい罪の世にキリストとして神が下りたもうだけでなく、「上りたもう神」という信仰をもたねばなりません。この神様が問題を解決して天に上り帰られる。これは復活の神、昇天する凱旋の神です。

(手島郁郎『詩篇講話』1967年六日戦争でエルサレム回復を祝して)