ドキュメンタリー映像『幕屋の夜明け』は、月刊誌『生命の光』創刊60周年を記念し、2008年に制作された。『生命の光』創刊者・手島郁郎が歩んだ独立伝道の草創期を描く。脚本は『月光の夏』で知られる毛利恒之氏。「私は手島郁郎氏を知らない。何かがわかるより、何かを感じ、感動を受けるような映像を作りたい」と制作の心を語る。

※上映会については「上映会・特別集会などのご案内」をご覧ください

(2008年制作)