沖縄の座間味(ざまみ)出身の石川義信さん。幼い時、米軍の艦砲射撃で島民の半数近くが爆死や自決。恐怖心に怯えるが、母の祈りに安らぐ。沖縄本島の高校に進学、級友と祈り過ごしていたが、ある米国人の按手で聖霊を受け光に包まれる。その直後、『生命の光』に出合い、これこそ求めていたものと、信仰を学びに熊本の手島郁郎の許に……。

(2005年制作)