明治23年(1890年)に熊野灘でトルコの軍艦が遭難、587名が殉職した。大島の島民による献身的な救助活動で69名が救われた。トルコ国民は今でもこの感謝を忘れていない。
 それから95年後、イラン・イラク戦争が起こり日本人300名はテヘラン空港で足止めになった。なぜか突然2機のトルコ航空機が飛んできて……。

(2002年制作)