1972年5月15日、沖縄は27年間の米国占領から本土復帰。翌日、手島郁郎は沖縄を訪れ、占領の苦渋を味わった方々と喜びを共にした。
 「信心深い海洋の民、沖縄を母とし、大陸の民を父として日本民族は成った」との手島の言葉に、一同は深く感銘。当時沖縄で伝道していた石川義信さんは、復帰の30年後、再び沖縄を訪れた。

(2002年制作)