新約聖書の冒頭にイエス・キリストの系図が長々と載っている。ふつうユダヤ民族の系図は男系を重視するが、イエスの系図には4人のいわくつきの過去をもつ女の名が出てくる。神の子の出現は血筋によらず、人の願いによらず、神の聖なる霊が人間に注がれることによって新しい生命が誕生することを、聖書は証しするからである。これこそ福音である。

(2000年制作)