東京で寿司店を経営する柳橋勝美さんは、若い日に手島郁郎の説く福音に触れた。数十年その信仰を貫き高齢になった今、手島の講話「この世は橋である」に心を強く打たれている。
 この世は長く留まる所でなく来世への架け橋。地上に財を残すより、次世代のため善き橋を残すことが高齢者の使命だと、柳橋さんは熱く語る。

(2000年制作)