「ろうそくの光……天国からも見えるかな」

 窓の外を見ていたミハエルがつぶやきました。

 「ああ、神さまも、きっと見ておいでだろう」

 お父さんのヤコブが答えました。外は今年も雪が降っています。

dowa650mihael1

 ヤコブは町一番のろうそく職人です。ヤコブの作るろうそくは、炎の色が赤や青、黄色と変わるのです。クリスマスが近づくと、町じゅうの人がこのろうそくを楽しみにしていました。

 数年前におかみさんを亡くしたヤコブは、ミハエルの成長だけが楽しみでした。毎日聖書を読み、ふたりで祈るのが日課でした。

 ところが、ミハエルは13歳の誕生日を前に、もう何週間もベッドに寝たままになっています。最初はちょっとした風邪かと思いましたが、少しもよくならないばかりか、日に日に弱っていくのです。毎日ベッドの中で聖書を読み、窓の外を見て過ごしていました。

 「ぼくね、今日、聖書を読んでいて思ったんだ。神さまは戸の外に立って、とびらをたたいていらっしゃる。そのとき、とびらを開けたら、神さまは入ってきてくださるって」

 ミハエルがとつぜん言いました。

 ヤコブは何のことだかよくわからず、驚いて息子の顔を見ました。すると、ミハエルが3本のろうそくを出しました。

 「これ、ぼくが作ったろうそくです」

 「いつの間にこんなものを作ったんだ?」

 「お父さんのために、いっしょうけんめい作りました。クリスマスに窓の近くで灯してください。ぼくが天国にいったら、神さまにお願いします。ぼくのろうそくの光を見て、お父さんのところに訪ねてくださいって」

 「おお、ミハエル、お願いだからそんなことを言わないでおくれ」

 「いいえ、お父さん。クリスマスにろうそくを灯してください、きっとですよ」

 それからまもなくして、ミハエルは息をひきとりました。息子がいなくなってからというもの、ヤコブは祈らなくなって、毎日お酒ばかりのんで仕事もしません。近所の人が心配して訪ねても、どなりちらすので、だれも近寄らなくなりました。その年、クリスマスが近づいても、ヤコブのろうそくは町に灯りませんでした。

 

 クリスマスの夜、ヤコブはミハエルの作ったろうそくを一本手にとってみました。この一年、何度も何度もろうそくを手にしました。

 「ほんのちょっとだけつけてみるか……」

 ボッ、と音がしました。炎がだんだん大きくなっていきます。なんて明るい光でしょう。ヤコブが作っていた赤や黄色の光など、およびもつかないほど明るいのです。かじかんでいた心が、ほんのすこしやわらかくなったようでした。

 「ミハエルや、クリスマスが来たよ……」

 外は雪がしずかに降り積もっています。ジジッとろうそくが小さな音をたてました。

dowa650mihael2

 そのとき、「トントン」とノックの音です。

 (こんな時間にだれだろう)

 戸の間からのぞいてみると、そこに身なりのみすぼらしいおじいさんが立っています。

 「ミハエルのろうそくはありますか?」

 「なんだって!」

 「ここにミハエルのろうそくがあると聞いたのですが」

 酒にでも酔って、からかいにきたのかと思ったヤコブは腹が立ちました。

 「あんたにやるものは何もない、帰ってくれ」

 ろうそくの火がいっしゅん大きくなりました。おじいさんは大きな目でヤコブをじっと見つめましたが、そのまま帰っていきました。

 「ふん、こんな晩におかしなやつだ」

 とびらを閉めながらヤコブは思いました。そしてろうそくの火をふき消しました。

 

 ヤコブはまだ仕事もせず、お酒ばかりのんでくらしました。それでもクリスマスの夜の、あの老人の言葉が気になっていました。

 「ミハエルのろうそく、だって。なあに、何かのまちがいさ」

 次の年のクリスマスの晩です。ヤコブは何度も考えてから、去年すぐ消してしまったろうそくに火をつけました。するとまた「トントン」とノックの音がします。のぞいてみると、またあのみすぼらしい姿のおじいさんです。

 「あんたは去年の……」

 「ミハエルのろうそくはありますか?」

 「な、なんでそんなことを聞くんだ」

 「ミハエルのろうそくを見せていただけませんか?」

 ヤコブをじっと見つめています。薄着で、とても寒い中を歩いてきたとは思えません。仕方なく家の中に入れることにしました。

 「なぜそんな格好で外を歩いているんだ」

 お茶を入れながらヤコブが聞きました。

 「私のことを待っている人が、たくさんいるのですよ。でも、なかなか中には入れてもらえないのです」

 おじいさんが静かに答えました。ヤコブは急に胸が熱くなりました。そして、ミハエルの言葉を思い出しました。

 「実は私の息子が、病気で亡くなる前に、神さまはいつもとびらをたたいていらっしゃるって言ったんだ。あれはどういう意味だったのかな?」

 「なるほど、このろうそくの火はとても明るい。とびきりの明るさだ」

 質問には答えず、おじいさんがうなずきながらゆっくり言いました。そして、

 「さあ、もういかなくては」

 と言って立ちあがりました。

 ヤコブは、おじいさんにいつまでも家にいてもらいたいと思いました。

 「もう一杯、お茶を飲んでいかないか?」

 けれどもおじいさんは、また大きな目でヤコブをじっと見つめ、雪の中に出ていきました。

 外は吹雪になっていました。おじいさんに自分のコートを渡そうと、ヤコブがあわてて追いかけましたが、おじいさんはどこにもいません。

 その日の晩は、ミハエルのろうそくがずっと燃えていました。

dowa650mihael3

 次の年です。ヤコブがろうそくに火をつけると、ノックの音がしました。おじいさんです。ヤコブは、いそいでおじいさんを中に入れました。この一年ずっと待っていました。

 「このろうそくは、私の息子、ミハエルが作ったろうそくです」

 ヤコブは一息に言いました。

 「知っています」

 おじいさんが答えます。

 「なぜ知っているのですか?」

 「ミハエルが教えてくれました。クリスマスの晩に、いちばん明るくろうそくの灯る家を訪ねてほしい。私の父が待っているから、とね」

 ろうそくの光が、部屋じゅうにひろがりました。ヤコブは目を開けていられなくなりました。おじいさんの声が聞こえます。

 「とびらを開けさえしたら、私は中に入れるのです。そしていつも一緒にいます」

 明るい光の中で、おじいさんの姿は見えなくなっていきました。けれども、その声はいつまでもヤコブの心に残りました。

(おしまい)

ぶん さとう よしこ
え やまもと くみこ