信仰講話〈ヨハネ伝〉

天のメロディーを奏でつつ  手島郁郎

 死を見据えて生きたモーツァルトや、ベートーベンの生涯を通して語る、永遠の生命への道。死の闇路も、神にある喜びの歌声をもって、突破しようではないか。

天への凱旋

死は死でない、愛である-ある少年の闘病と召天の記録-

 15歳で脳腫瘍を発症した長屋勇彦君が、キリストの御名を呼びつつ絶望を突破し、死に勝利して10年。

グラビア

ふるさとの夏景色(島原市・佐賀市)

敗戦の日によせて

原子野の救援列車

 長崎に原爆が落ちたその2時間後、あたかも希望の象徴のごとく被爆地に響き渡った、救援列車の汽笛。

信仰の証し

夢破れて希望あり

 5年前は故郷のカナダで、夢への道が閉ざされ心がボロボロだった筆者。今は四国で開拓伝道に心燃やす。

人生のつり革はどこに

 紆余曲折の人生。設備工事の現場監督を務めていた時に『生命の光』に出合い、価値観が変わってゆく。

信仰の道しるべ

ロバート・ブラウニング

創作童話

ブナとゆう太と聴診器

 北海道の公園で、おじいさんがくれた聴診器は……。