聖書講話〈ヨハネ伝〉

人格的な神との出会い  手島郁郎

 聖書の神は抽象的概念ではない。血も涙もある人格の姿をとって現れ、私たちを救いたもうお方なのだ。

聖句随想

悲しみを共にする

 自ら痛み、執り成し祈る主の僕に幕屋の使命を見出す。

信仰の証し

「ほんやくコンニャク」を夢みて

 話すことが苦手な若者が、自動翻訳技術の研究者に。

お山の祈り

 先人の祈りの地とは知らず、藻岩山を見ていた幼い日。

若人の声

美しい日本語を使いたい

 「やばい」「まじで」といつも話してきたけれど……。

グラビア〈祈りの風景〉

天草 信仰の灯は消えず

故郷を訪ねて

隠れキリシタンの贖い

 幕屋に集い、改めてキリシタンの末裔の自覚を感じる。

随想

人生、今が最高だ!

 琵琶湖畔の干拓地に入植して50年。生涯現役です。

祈りへのしおり

ジョン・バニヤン

童話

タンスの上のプレゼント

 包装紙で包まれたままの箱、何が入っているのかな?