『生命の光』1月号目次

聖書講話〈詩篇第1篇〉「幸いなるかな!」 手島郁郎

 詩篇はその冒頭から「内なる幸福(アシュレー)」の秘訣を伝えている。事ごとに祈り、主の囁きに、お指図に従って歩めよ。

信仰の証し「一緒に天国に行きたいんや」

 夫の口から思わず出た言葉に、妻の心は動かされた。

天への凱旋 「富塚陽一兄 巨星墜つ」

 郷土とそこに住む人々に捧げた生涯は、主の僕(しもべ)のごとく。

エッセイ「富塚市長を偲んで」

私の聖句「ユー・フォロー・ミー」

 北米聖会で聞いた御言葉が、他の誰かでなく私の胸に。

海外だより「カナダ先住民と共に祈る」

 自分の夢を追うのでなく、キリストの夢に生きる今。

コラム「アイマスクをして歩くと」

 介護ヘルパーの研修で、目を隠して街を歩いてみると。

随想「『神の国』の姿」

 天皇陛下を戴く国柄に、キリスト者として思うこと。

祈りへのしおり 「佐藤定吉」

童話「—聖書物語— 結婚式のぶどう酒」