「原始福音キリストの幕屋」のホームページです。日本人の心で聖書を読んだ手島郁郎の創刊による月刊誌『生命の光』、聖書の講話、聖霊による回心の証しなどを紹介しています。

祈りの三段階(3)

たたけよ

たたけよ、そうすればあなたに開かれるであろう。

しかし、キリストはさらにこう言われた。
この第3の行願は、さらにすぐれた祈りです。
私の愛読書に『無門関』という本があります。
‟無”という心の関門を通過すると、
実に大宇宙に独歩する自由自在の境地に達する。
無門関を跳躍した人の祈りと、
門を越えずに門前で祈っている人の祈りとは、
自ずと違う。

第1、第2の祈りの段階を通過した者は、
さらに第3の「神の至聖所」に参入する境地に
達せねばならぬ。
至聖所の神秘な白砂に額(ぬかず)き、
「ああ、神様!」
と目交(まなかい)に神を見上げる
エクスタシーの喜びに入らねばなりません。

それは、あれこれの願い事を越えて、
神ご自身と交わる境地です。
脱落心身、心身脱落、
からみつく肉の世界が脱け落ちて、
一転、創造以前の光まばゆい霊界に
浸る境地があるのです。

神の光に照らされるとき、
我ならぬ我が輝き出で、
どんなに疲れた魂も一変、
みずみずしく生きづき、
湧きあふれる独創的なアイデアの泉となります。

PAGETOP
Copyright © 原始福音キリストの幕屋 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.