「原始福音キリストの幕屋」のホームページです。日本人の心で聖書を読んだ手島郁郎の創刊による月刊誌『生命の光』、聖書の講話、聖霊による回心の証しなどを紹介しています。

祈り

手島 郁郎

 私たちは、なぜ日々祈って生活せねばならぬか。それは時々刻々、移りゆく地上の社会に対して、最も適切に各自が対応し、天意を地に映すためであります。祈って天を仰がなければ、天父の御旨もわからず、聖霊の光を新鮮に呼吸することもできないからです。

 私たちの生活が霊的に向上してゆくためには、高い天上に結びついているのでなければなりません。それは水道の水が、水源地より高く上ることができないように、祈りの水管が高く神の御座まで続いているならば、霊魂は無限に高揚してゆく力をもつものであります。祈りの力は根源に比例します。

 祈って、神の御前に到達し、また降っては地をうるおし、天の消息を隣人に伝えつつ、信仰生活を続け得るのであります。

 「ずい分、私は祈るのですが、なぜ全然、応験がないのでしょうか」と質問される人があります。

 それに対して、私はお答えしました。「私たちにとって大切な心得は、私たちが捧げる祈祷の質であって、その量にない。その熱と力にあって、その言葉と形式にはないということです」と。

 祈りの根源が奥深いほど、私たちの内に湧く霊力は強い。

祈り - カテゴリ一覧 -

子ページ: 日々の祈り

子ページ:聴かれる祈り

子ページ: 祈りの短編集

子ページ: 祈りの三段階

子ページ: 主の黙照

子ページ: 霊訓-ある天人の霊告-

子ページ: 祈りの人

子ページ: 霊訓 ある天人の霊告(公開後掲載予定のため、現在非公開)

 
Copyright © 原始福音キリストの幕屋 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.