「原始福音キリストの幕屋」のホームページです。日本人の心で聖書を読んだ手島郁郎の創刊による月刊誌『生命の光』、聖書の講話、聖霊による回心の証しなどを紹介しています。

幕屋ペンテコステ

吉村 騏一郎

 昭和25年(1950年)の夏から、手島先生は席の暖まるいとまもなく遠近をかけめぐった。

 各地の信者から招きを受けて出かけると、至るところで難病が癒やされた。盲人は見え、足萎えが歩みだした。無教会の一部には、幕屋は異言や、預言、神癒をもって、無教会でいうところの「信仰のみ」の範囲をはみ出した、異端信仰だとする批判も高まりつつあった。しかし多くの人々は、素朴に驚嘆しながら生けるキリストの御名をあがめた。

 そしてその秋の11月3日から5日まで、再び阿蘇垂玉温泉の滝見荘において特別聖会が催された。この時集ってきた人たちは、熊本や飯塚など、各地の貧しい教友たち59人であった。講師として東京大学の小池辰雄教授や西南学院大学の里見安吉教授が招かれていた。この時、開会前に特に聴講票の提出が求められた。

 配られた用紙を何気なく受け取った私たちは、思わず血の引く思いがした。その備考欄に、(1)入信の時期と動機、(2)回心の経験ありや、(3)イエス・キリストとは何か、(4)十字架とは何か、(5)本講演についてのご希望、という問いかけがあったからである。各自の信仰の告白が迫られている! あいまいなことは許されぬ。みんなは必死となった。筆者にとっては3度目の阿蘇講筵であるが、この信仰試験にはすっかり度胆を抜かれた。ただならぬ予感が各自の胸に迫り、会場全体に真剣な雰囲気が漂った。

PAGETOP
Copyright © 原始福音キリストの幕屋 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.