この世は橋である。後に続く世代のために、もっと良き橋を残して来世に立ち去ることこそ、私たちの義務であり、特権ではないでしょうか。

(手島郁郎『詩篇講話』より)