「その中に十分の一の残れる者があっても、これもまた焼き滅ぼされる。テレビンの木または樫の木が切り倒される時、その切り株が残るように、聖なる種族は、その切り株である」

(イザヤ書6章13節)