言葉に出して祈る祈りだけが祈りでない。つぶやき呻(うめ)くような気持ちも祈りなのです。またその祈りは、堪らなくなって、叫びにも変わることもあります。

(手島郁郎『詩篇講話』より)