祈りとは、いまだ事ならざるに、ある事を感じとるものです。多くの人は現実に直面してからあわてふためく。しかし、祈りの人は現実が起こる前に、それを先見することができます。

(手島郁郎『詩篇講話』より)