全力をふりしぼって自分の声のかぎりに祈り叫ぶ。ハッキリと声を主に向けて、祈りの方向を明確にすると、神は霊であるから、答えてくださいます。

(手島郁郎『詩篇講話』より)