どんな粗末な器でもよい、私たちの価値は器になく中味にあるのだ。人間が神霊の容器であるところに、宇宙的な存在価値がある。

(手島郁郎『霊想の七曜経』より)