私たちが神に知られ、神を知るということは、神がいよいよ身近に自分たちに接触してくださり、熱い臨在感をおぼえるほどにも親密な交わりに入ることなのです。

(手島郁郎『詩篇講話』より)