時に、人生の激浪、私を没するとも、千歳の巌(いわお)に霊魂の錨(いかり)を下ろして、しばし永遠の今があやなすものを見るがよい。

(手島郁郎『霊想の七曜経』より)