神に従って生きておれば、「時期が来れば実を結び、その葉もしぼまないように、そのなすところはみな栄える」(詩篇1篇3節)。生命の川の水がぐんぐん魂を潤すからです。

(手島郁郎『詩篇講話』より)