愛は惜しみなく自らを奪われても生きている。己が全存在を焼きつくし、その身体性を忘れしめるほどに強烈なエネルギーが愛である。

(手島郁郎『霊想の七曜経』より)