ぼくは一日のうち、10分間でもよい、否、せめて5分間でもよい。その間だけは世の中を去り、喧騒から離れて、静かに沈思することが必要であると信じる。

(新渡戸稲造)