十字架は重い、けれども不思議だ。それがきみを担っている、きみはそれをほとんど担わなかったのに。

(ヒルティ)